写真帖

スエデンボルグや道元による真理を写す手帖

写真帖 イメージ画像
お金や名誉では得られない真の幸福である
自由や平安、心の健康や永遠の生命を得る為の
スピリチャルな知識を紹介します

更新情報

旧約聖書「創世記」の「光体」は愛と信仰を意味している。 光体は「印の為のもの、季節の為のもの、日の為のもの、年の為のもの」としなくてはならない。(創世記)という言葉には現在明らかにする事のできないアルカナ(秘儀)が含まれている。(このアルカナとは輪廻転生の
『生命の変化と多様性』の画像

貴方が抱く十字架は、ハートチャクラの前後から太陽光発電センターを介して放射する、光の十字架になっています。貴方は、天国の遺産を光の使者として取り戻す時、貴方の労働の成果を経験し始め、光の柱を作成しています。貴方達の多くは、戦争の風、紛争、破壊が地球周囲に
『心の中心から放射するエネルギー』の画像

地獄の他にまた剥奪(はくだつ)があり、それについては聖言に多くの事が記されている。人間は実際に犯した罪の結果、他生へ無数の悪と誤謬を持って入り、これを自分自身に蓄積し、接合している。正しい生活を送った者でさえもそうである。これらの者が天界へ抱え上げられる
『誤謬を天界に感染させない為の剥奪』の画像

貴方は創造主の屈折したライト/スパークです。思考の形、意図、行動で構成された振動周波数で構成されたレンズを通して、何千もの生涯に亘(わた)って作成した、現実のユニークな写真を生み出します。貴方はより高い真実を取り戻し、思考を洗練し、ビジョンをクリアする過程に
『目覚めてバランスと調和を取り戻す』の画像

イエスは彼女に言った、「私は復活であり、命である。私を信じる者は、たとえ死んでも生きる。また、生きていて、私を信じる者は、いつまでも死なない」(ヨハネ3125-26) 貴方達には「生きている」という事の本当の意味が理解できないのです。実は、貴方達にとっての生命は実
『生命の実相を悟る事ができる段階』の画像

愛するマスターの皆さん、貴方が生きて呼吸しているのと同じように、貴方は地球上で天国か地獄のどちらかを作成するのを手伝っています。また、多くの人は、2つの間で揺れ動いていると感じるかも知れません。何を信じていても、古代の教えをどう解釈していても、天国はマイン
『マインドを意識した状態である天国』の画像

「安息日は聖く守られねばならない」 自然的な意義、六日間は人間と労働の為であり、第七日は主の為であり、また人間の主に於ける憩いの為である事を意味する。 霊的な意義この誡命(戒め)は、主による人間の改良と再生を意味する。労苦の六日間は肉と欲情に対する人間の
『安息日に関する霊的な意義』の画像

↑このページのトップヘ