写真帖

スエデンボルグや道元による真理を写す手帖

写真帖 イメージ画像
お金や名誉では得られない真の幸福である
自由や平安、心の健康や永遠の生命を得る為の
スピリチャルな知識を紹介します

2011年03月

人が死後どのような境涯に入るかは、生前の生活いかんにかかっています。 肉体の諸欲に溺れた者は、幽体が粗雑であり、良い境涯に入ることはできません。 他者に親切であった者は、清浄で美しい境涯に入ります。 人は地上生活で、真実なものと真実でないもの、価値あ

だれでも持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。(マタイ25.29)   421.霊界は天国でも地獄でもなく、その2つのものの中間の場所、または状態である。 霊界は人間が死後、最初に入っていく場所であり、そこから、

「今から後、主に結ばれて死ぬ人は幸いである」と。霊も言う。「然り。彼らは労苦を解かれて、安らぎを得る。その行いが報われるからである」(黙14.13)   万物の中に在り、愛であり生命である光、その中に貴方が包まれていると考えなさい。 この気持ちさえ持てれば、

「放縦や深酒や生活の煩いで、心が鈍くならないように注意しなさい」(ルカ21.34)   人がもし、物的生活の奴隷となることを止め、生命の根源へ目を向けるなら、もはや心を煩わせる何物もなく、深い平和が訪れます。 どうか、外的な煩いから離れ、内在の神意によって生命

イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった。 (マタイ17.2)   人の恐れる死とは、実際は、新しいものの始まりなのです。 その時、大いなる光が魂の上に広がり出ます。 死とは、肉体に閉じ込められていた魂が、豊かな生へ脱出

しかし、わたしは言っておく。一切誓いをたててはならない。 天にかけて誓ってはならない。そこは神の玉座である。(マタイ5.34)   また、あなたの頭にかけて誓ってはならない。 髪の毛一本すら、白くも黒くもできないからである。(マタイ5.36)   上記の「誓いをたて

預言者ダニエルの言った憎むべき破壊者が、聖なる場所に立つのを見たら -読者はさとれ-、 そのとき、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい。 屋上にいるものは、家にある物を取り出そうとして下におりてはならない。 (マタイ24.15-17)   その時、天使長ミカエルが立つ。

「民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、ほうぼうに飢饉や地震が起こる。しかし、これらはすべて生みの苦しみの始まりである」(マタイ24.7-8)     私は東北地方に住んでいたことがあり、地震関連の仕事もしていたので、大地震は他人事ではありません。 技術者として

http://www.geocities.jp/yajimak2000/LP/GosMarian.jpg  Marian AndersonのLPです。 マリアン・アンダースンは1902年生まれの有名なクラシック歌手で、このLPではスピリチュアル(黒人霊歌)をピアノ伴奏で唄っています。声質が瞬間的に切り替わる不思議な歌唱です

人生の不公正に思い悩むことがあったら、信念を持って、人生はすべて神愛と神法によって支配されていることを思いなさい。 此の世には不要なもの、でたらめなものは何一つありません。 貴方に、不公正のようにみえるのは、貴方がこれから、自分の過去未来を見通す視力を

↑このページのトップヘ