写真帖

スエデンボルグや道元による真理を写す手帖

写真帖 イメージ画像
お金や名誉では得られない真の幸福である
自由や平安、心の健康や永遠の生命を得る為の
スピリチャルな知識を紹介します

2012年08月

臆病者が死を恐れ、良心の呵責が呼び起こす死後の苦しみに怯(おび)える余りに縋(すが)らんとする身代わりの犠牲など、どこにも存在せぬ。そのような卑劣なる目的(身代わり)のためには神の使者は訪れぬ。万が一にも己の罪に気づき、後悔することがあれば、神の使者はそ

無知と野蛮の時代には神はアブラハムの友人であり、テントの入口にて共に食し共に語り合った。 次の時代には民族を支配せる士師であり、イスラエル軍の先頭に立って戦いし王であり、幾人かの予言者の託宣によって政治を行なえる僭王であった。 それがやがて時代の進歩と共

我らが皆さんに望むことは、世俗を忘れること、肉体を忘れること。 そうして、貴方自身が神の分身である霊であると悟ること、これです。 貴方は物質界よりも優れた霊の世界に生命を持っています。 常に霊的生命に触れなさい。 現実の生活に、神のものである貴方の真正の

身体の生命の中で快楽そのものを己が目的、目標とし、単に生来の性向に耽り、ぜいたくと酒宴に生きることを愛し、只自分自身と世のことのみを心にかけて、神的な物を何らかえりみず、信仰と仁慈に欠けている者は世で送った生活に似た生活に先ず入れられる。 左手の前面の、

人はまた凡て自然の可視的な物から、(例えば)かの芋虫を見る時、神的なものを信ずる信念を確実にすることが出来よう。 かの芋虫はある欲望に駆られて、その地上的な状態から天界の状態に至る変化を求め、これに憧れ、その目的のために適当な場所へ這いり込み、身を被覆で

天界では最小のものであることが最大のものであることであり、自らを卑しくすることが高められることであり、貧しく乏しいことが豊かで満ち溢れていることであるということを一例として考えてみよう。 外なるものの中にのみいる者はこれらの事を把握することはできないため

人間はそのいくたの情愛の生命に順応している一種の霊的なスフィア[霊気]に取り囲まれており、このスフィアは天使たちには、においが地上の最も精妙な感覚に認められるにもまさって認められていることを人間は知ってはいないのである。 もし人間の生活がたんに外なる事柄

外なるものの中にいることの何であるか、内なるものの中にいることの何であるかを知る者は現今では僅かしかいないため、わたしは説明のために一つの例を引照しよう。 身体の栄養と霊魂の栄養とを考えてみられよ、すなわち、たんに外なる快楽の中にいる者は自分自身を重んじ

地上には雑多な気散じがあり、心はとかく神から離れがちです。 しかし皆さんが物質界に居るのは、霊的な力を獲得するためであり、余の義ではありません。 此処にあって皆さんは、霊的な神意識を身につけ、無智や物質のモヤの中から、貴方の人間意識を解き放つのです。 物

605.主題は「ノア」と呼ばれた新しい教会の形成であり、その形成は凡ゆる種類の生きたものが中へ入れられた箱舟により記されているのである。 いつものように新しい教会が起こる以前には、教会の人が多くの試練を受けることが必要であったのであり、その試練が箱舟を上げる

↑このページのトップヘ