写真帖

スエデンボルグや道元による真理を写す手帖

写真帖 イメージ画像
お金や名誉では得られない真の幸福である
自由や平安、心の健康や永遠の生命を得る為の
スピリチャルな知識を紹介します

2013年09月

このこともまたヤコブが夢で見た梯子により、すなわち、それは地の上に立って、その頂きが天に達し、その上に神の天使たちが登り降りしており、その上にはエホバまたは主が立たれたが、その梯子により意味された上昇である。 ここからそうしたことが『生むことをやめること

私は夢を覚えていることは少なく、自分の考えとはいえないインスピレーションを受けることも少ないのですが、自分に関係ない事柄でも他者が知れば役立つこともあるかと思い、投稿してみます。 今日の夢: 掃除のおばさん(私?)が「定年延長して働くことになりそうだ

「木が良ければその実も良いとし、木が悪ければその実も悪いとしなさい。 木の良し悪しは、その結ぶ実で分かる。 蝮の子らよ、あなたたちは悪い人間であるのに、どうして良いことが言えようか。 人の口からは、心にあふれていることが出て来るのである。 善い人は、良い

私が〝全ての思念〟という時は、思いやりの念にしろ邪悪なものにしろ、一心に集中している場合のことを言っているのであって、日常のあれやこれやの〝よしなごと〟のことではありません。が、そういう前提があるにしても、心に宿した想念が何らかの形で他に影響を及ぼし、最

ある者のもとにはまた、それは純粋なものであるとしかたれも考えることができないといった性質をもった真理の確信[真理についての確信]が見られるが、それでもそれは、もし善の生命が存在しないなら、そうしたものではない。 すなわち、それは自己を求める、または世を求

ロゴスからほとばしり出た神性の火花である人間の霊は、様々な意識の界を通りながら降下し、遂には究極の物質界に到達します。 ここで霊は自己の周りに肉体を、すなわち外衣、神殿を創ります。 これを私共は魂と呼びます。 霊はこの上に降下する途中で経験を獲得しつつ個

羽の後ろの尻尾のような部分がピコピコ動く、綺麗な蝶です。 同上 オレンジ色の大きめの蝶です。 同上
『蝶』の画像

盆休みに墓参りに帰省した時に、祖父の家の近所の畑にいました。 へびの近くにカエルもいました。
『蛇とカエル』の画像

汝自身を、真実の自己を見出しなさい。 そのために、次の3点を順にしっかりと考えてみなさい。 第一は、日常のありのままの自分の姿を思う。 第二は、魂について考える。それは自分が考える魂でよろしい。 第三は、自己内在の静寂の場を、真我を発見しようとする。 貴

↑このページのトップヘ