写真帖

スエデンボルグや道元による真理を写す手帖

写真帖 イメージ画像
お金や名誉では得られない真の幸福である
自由や平安、心の健康や永遠の生命を得る為の
スピリチャルな知識を紹介します

2014年10月

我々が宇宙と呼ぶこの偉大な組織は、神はそれを創造するに当ってただ一つの目的を―人類による天使的天界を目標とし、世が由って以って成立する凡ての物はその目的に対する手段である故、始めから終わりまで調和のある統一体である。 何故なら、目的を欲する者はまたその手

我々全員には、魂を指導し守護してくれる、高度に進化した個人的なガイド霊がついている。 宗教では「守護神」と呼ばれる者だ。 この存在は、多くの低級霊を束ねたよりも強い力を持ち、正しい道へと我々を導くために、常に我々の傍にいる。その気になれば、絶えず邪魔しよ

ガイド役の魂(守護霊、天使)は、良心のささやきを介して、頭の中で君たちに話しかける。 他の魂たち(霊的兄弟、悪霊)も頭の中で話しかけ、悩み事の種類に応じて助言する。 よって、各人の良心の声の中には、ガイド霊や霊的な兄弟などの霊界からの声も一部に含まれてい

霊界から助けてもらうのは、とても簡単な事だ。ただそう頼めばいい。 心からの願いをテレパシーで霊界に送って、何が起こるかを待てばいい。 ただ単純に、自分の状況や必要なことを話して、助けを頼むのだ。 指導霊たちは、これらのメッセージを受け取って対処するために

今日、目覚める時に見た夢です。 電車の線路と田舎道が交差した所に踏切がありました。 田舎道は泥でぬかるんだ低地から丘陵地に続いており、低地から歩いてきた人々の集団が踏切を渡った後に、私が遮断棒を下ろすと、電車が2本(上り下り)通過していきました。 印象的
『田舎道の踏切と遮断棒の夢』の画像

今日、目覚める時に見た夢です。 電車が走る前までに完成させようと、新しい線路の敷設工事を急いでいる人々(自分も働いていた?)の映像とともに、ULLA(またはULA)という文字が頭に浮かびました。 このインスピレーションとして与えられたULLAかULAという文字の意
『線路工事とULLAの夢』の画像

人類が霊的に進歩してゆくにつれ菜食主義になり、動物の権利が尊重されるようになる。君たちより霊的に一段上の進化したヒトの文明においては、動物の肉を食べることは、君たちが人肉を食べるのをいとうように、忌み嫌われている。もちろん、君たちの世界のように、動物を檻

現今『魔法』の意味が知られていないので、それを簡単に説明しよう。 『魔法にかける[たぶらかす]』により、誤ったものを説きつけて、真理を破壊することが意味されている。 魔法は古代人の間で用いられ、三つの方法で行われた。 第一に、彼らは他者の心と聴覚とをその

霊媒とはチャンネルを意味する。 霊媒は、他の人と比べて、より直接かつ明瞭に霊界と交信できる人で、一般人が普通の電話回線しか持っていないとするなら、インターネットの高速回線を持っているようなものだ。 大半の人は、自分の周囲からは、五感が捉えられるものし

人間の肉体が進化すると、どう変わるのかは、アルファ草で作った服から、コールテン・羊毛・綿という中間段階を経て、絹の服へと衣服を変えていくようなものだ。 身体は、より精妙に、より軽やかになるので、刺激の少ない食事を必要とするようになる。 また、エネルギー的

↑このページのトップヘ