写真帖

スエデンボルグや道元による真理を写す手帖

写真帖 イメージ画像
お金や名誉では得られない真の幸福である
自由や平安、心の健康や永遠の生命を得る為の
スピリチャルな知識を紹介します

2015年01月

ある惑星に、集団的な飛躍を遂げようとする魂が大勢いる場合には、その新たな段階に生まれてきた魂の要請に応じるために、惑星自体が再編される必要がある。 ある惑星がこのような状況におかれている時には、同等な進化レベルにある他の惑星の沢山の魂が魅力を感じ、それを

宇宙の創造の目的は、「用」とは何であるかを明らかに示している。 宇宙創造の目的は天界の存在であり、そして天使の住む天界が目的であるため、人間または人類もその目的である。 なぜなら天界は人類から発しているから。 このことから、創造された物は全て間接的な目的

先日、2夜連続で色々な夢を見たようですが記憶に残っているものを紹介します。 (その1)建設会社か設計事務所の室内で人々が働いていました。 下請け業者である左官屋さんが会社の人と打ち合わせをしているのを見て、私は「御機嫌取りをする必要は無いのに」と思いました

教会(真の信仰)は時の経過と共に衰退して、ついには少数の者の間にしか存続しないということが教会各々の実情であって、洪水の時にその教会がそのもとに存続していた少数の者が「ノア」と呼ばれたのである。 残された者は聖書に「残りもの」「残った者」と呼ばれ、「地の

先日の朝、寝坊して普段の通勤電車に乗り遅れてしまいました。始業時間には間に合いましたが、昔経験した不思議な目覚ましラップ音のことを思い出したので紹介します。 10年ほど前、スエデンボルグ等で霊界の勉強をしている頃は、朝の起床時間になるとトン・トンという小さ
『目覚ましラップ音、幻聴、耳鳴り』の画像

他者に対する行為は、どのように霊的進化に反映されるのかを説明しよう。 他者への行為が「愛の法則」に反するものなら、魂が進化の高域へ上昇するのを阻むおもりのように重たいものとなる。 反対に、「愛の法則」と調和した行為は、気球のバーナーの炎のように作用する。

霊界との直接的な交信は、ごく一部の人たちだけの特権ではない。 すでに言ったことだが、全員が個々に、神や高次の霊性や自分のガイドとの直接的な繋がりを持っていて、それぞれが独自の方法で、それを体験していくのだ。 大切なのは、誠実に謙虚にコンタクトを求めるとい

私は、アーサナ・マハタリです。 私は、光への橋がけの役割を果たします。 真実の鏡を覗き込もうとしなかった者が光への橋を渡りたいと思えば、今、鏡を見なければなりません。 錘(おもり)と幻想を抱き、想像と意見の袋を抱えたまま、この世界(現世)を克服して、光

唐の太宗の時、魏徴(ぎちょう)奏して云く、土民等帝を謗(ぼう)ずることありと。 帝云く、寡人(かじん)仁ありて人に謗ぜられば愁ひとすべからず、仁無ふして人に讃ぜられば是れを愁ふべしと。 俗猶(な)をかくの如し。僧は最も此の心あるべし。 慈悲あり道心ありて

君たちの世界は、 魂は存在せず、人とはその体であると教えている。 君たちの快楽主義の世の中では、評価される資質とは物的なもの(肉体美・富・権力)で、内的な資質(感受性・慈悲深さ・謙虚さ・慎み深さ)は軽視されるのだ。 霊界では、それと全く逆だ。全ての霊的

↑このページのトップヘ