写真帖

スエデンボルグや道元による真理を写す手帖

写真帖 イメージ画像
お金や名誉では得られない真の幸福である
自由や平安、心の健康や永遠の生命を得る為の
スピリチャルな知識を紹介します

2015年03月

君たちより一段または二段上の進化レベルの文明について話そう。 中央政府は、公共の福祉を達成するために惑星の住人の必要性に応じて、生産手段の管理と運営をする。要するに、多くの人を犠牲にして一部だけを優遇する利己心がないので、民間企業は存在しない。 特定の消

天界の生活を送ることは信じられているほどに困難でないことは、以下のことから明白である。 すなわち、自分はそれが不誠実なことであり、不正なことであることは知ってはいるが、しかも自分の心がそこに傾いているところの何かそうした物が自分の前に現れてきたとき、そ

「そしてわたしが地の上に雲をもたらすとき」。 これは人間の意志の部分の人間自身のもの(エゴ、我欲)のために仁慈の信仰が現れない時を意味する。 すなわち、それは人間の知的な部分の中へ不明確なものを、または誤ったものを絶えず注ぎこむといった性質のものであり、

楽園の光景については、それらは驚嘆に価する。 楽園の庭園が無限のひろがりをもって目に示され、それはあらゆる種類の木から成っていて、思考のあらゆる観念[考え]をも凌駕しているほどにも非常な美と楽しさとをもっており、またこれらの庭園はそこに居る者たちがそれら

 I can see your House from here.(イエスの言葉?) 数年前の通勤電車における体験です。 帰宅時の通勤電車では立っている人よりも座っている人のほうが多く、私も座って人々の様子を見ていると不思議なことに気づきました。 最初に、「同じ性質の人々が周囲に集合
『人間各々の霊的住所』の画像

先週の夢です。 地表にある陥没穴(地面の割れ目?)から地下へ降りていくための準備をしていました。 女性を含む数人の調査員?が大きな岩石の間を抜けたり、飛び降りたりしながら地下へ降りるルートを探しているようでした。 本日の夢です。 地下にある都市の中を

死んだ人は身体と世に属した物以外の物は何一つ真のものであり、善いものであるとは認めないで、この身体と世に属した物のみを崇めるのである。 霊的な人は霊的なまた天的な真理と善とを認めるが、しかしそれは信仰の原理から認めていて--その原理はまた彼の行動の根底とな

読経・念仏等のつとめに得るところの功徳(くどく)を、なんぢ知るや否や。 ただ舌を動かし、声をあげるを仏事功徳と思える、いと儚(はかな)し。 経書を開くことは、ほとけ頓漸修行の儀則を教へおけるを明らめ知り、教のごとく修行すれば、かならず証をとらしむとなり。

数日前の夢です。 離島リゾートのような風景の海岸に建つ高層ホテルの最上階?の広い部屋の中で私は一人で外を見ていました。 窓の下には海岸が見えました。 窓が開いていると危険だと思うほどの強い風が吹いてきたので、窓のカギをチェックしました。が、強風により建物

主は何人をも善からでなくては決して審(さば)かれはしないのである。 なぜなら主はすべての者を、その者たちがいかに多くいようとも、天界に引き上げようと望まれ、実に、もしそのことが可能であるなら、御自身のもとにさえも引き上げようと望まれているからである。 な

↑このページのトップヘ