写真帖

スエデンボルグや道元による真理を写す手帖

写真帖 イメージ画像
お金や名誉では得られない真の幸福である
自由や平安、心の健康や永遠の生命を得る為の
スピリチャルな知識を紹介します

2015年04月

真実の志(こころざ)しを発して随分に参学する人、得ずと云ふことなきなり。 此(かく)の如く道を求(もとむ)る志し切になりなば、或は只管打坐の時、或は古人の公案に向はん時、若(もしく)は知識に逢はん時、実(まこと)の志しを以て行ずる時、高くとも射つべく深く
『無常迅速生死事大』の画像

魂が我欲を自覚し、それに流されれば他者を傷つけると認識した時から、自己の行為にもっと責任を持ち、自分がもたらす苦悩に関しても敏感になる。 するとある時点で、魂は感情に目覚め、愛する必要性を感じ、幸福になるためには愛さねばならないと気づく。 それから愛を追

愛することを学ぶのは、長い時間をかけて進歩させてゆく永続的な工程だ。魂は、人間の段階になる前に学び始めるが、愛に関して新しく学ぶことは尽きないので、この工程も決して終わることがない。 話すことを学ぶ時のように、他者との絶え間ない相互作用による以外には、愛
『最も発達した感情である無条件の愛』の画像

20年程前の夢です。 私が霊的な事柄に導かれるキッカケとなった夢ですが、最近、色々な気づきを与えられたので紹介します。 丘の上にあるギリシャ神殿のような外観をした細長い家の前に、白い?ローブ(ガウン)を着た男性?が立っていました。 家の中に入ると寝室や

進化した存在は、絶対に他者の生命の権利を侵すことがない。 思考や感情の自由な表現を阻む全てのものが消えるだろう。 人種・宗教・文化・経済・政治やその他の違いから、他人への抑圧・攻撃・統制・暴力を正当化する利己的な宗教・哲学・学説は、どれも消滅する。 それ
『少数の者の利得がその他大勢の苦悩の上に成り立つ組織』の画像

人類が霊的に進歩してゆくにつれ菜食主義になり、動物の権利が尊重されるようになる。君たちより霊的に一段上の進化したヒトの文明においては、動物の肉を食べることは、君たちが人肉を食べるのをいとうように、忌み嫌われている。 長らく肉を食べ続けてきた人が菜食主義に

アストラル体は輝いていて半透明であり、適切な訓練をすれば、肉体からはみ出ている通常オーラという名称で知られる、アストラル体のエネルギーを見ることができるようになる。中には自然にこの能力が発達した人もいる。 人が肉体から分離している時にその全体像を見ること

相互に区別されている二つの情愛が存在している。すなわち、善の情愛と真理の情愛である。 人間が再生しつつあるときは、真理の情愛が先に立っている。なぜなら人間は善のために真理に感動するからである。 が、しかし再生したときは善の情愛が先に立ち、善から真理に感動

本日の夢です。 昨日は休日であり普段より早く夜8時頃には就寝したため夜中に沢山の夢を見たような気がします。が、目覚める直前の夢だけを覚えています。 私はバス運転中に起こした事故?で困惑しているようでした。 すると、私の背中側に隠れていた猿(サル)が現れ
『大きな鰐(ワニ)に食べられた猿の夢』の画像

本日の夢です。 目覚める直前に、爬虫類のような鱗(うろこ)のある人間の顔が見えました。 鱗(うろこ)をクローズ・アップ(拡大)すると玉虫色の光沢を持つ金属のような質感でした。 端正な欧米人?の顔立ちであり、爬虫類の顔には似ていませんでした。が、眼には困惑
『鱗(うろこ)のある人間の顔の夢』の画像

↑このページのトップヘ