写真帖

スエデンボルグや道元による真理を写す手帖

写真帖 イメージ画像
お金や名誉では得られない真の幸福である
自由や平安、心の健康や永遠の生命を得る為の
スピリチャルな知識を紹介します

2015年10月

いかに多くの災いが恐怖によって引き起こされていることか。 人間の心は、未来への怖れ、明日はどうなるか分らないという不安で一杯です。 しかし、皆さん御存知のように、どんな困ったこと、心患わすことがあっても、それは一時(地上生活)のことで、実は、自分が大切な

平安の性質は、凡ゆる幸福と祝福の最も内なるものであり、そこからそれらのものの凡てを支配している普遍的なものであるため、それで古代人は「事が順調に行くように」と言いたいときは、普通の言葉の形式として、『平安があなたにありますように』という言葉を用い、『順調

昨日の夢です。 目覚める直前に見た夢です。 道に伏せていると風が吹いてきて体が浮き上がりました。 下り坂の道の上をフラフラと飛んでいると、突然、風に煽(あお)られて高く舞い上がり、下方に家の屋根が見えました。 目覚めた後に、「蝶のような飛び方

皆さんは、地上の問題で頭を悩まします。 自分が引き出せる無限の力のあることを忘れて、頼れるのは自分一人と思っているから。 その時、私共は次のように忠告します。 自分の日々の生活に全力を投入しなさい、と。 これで、貴方は自分の仕事を、神や霊の援助を得て、う

天使の生活は用(役立ち)と仁慈の諸善の中に存在している。 なぜなら天使は世からやってくる霊たちに教え、諭し、人間に仕え、その周囲にいる悪霊らを抑制して、これに適当な限界を超えさせないし、人間に善を鼓吹し、死者を永遠の生命へ甦らせ、かくて、もしその霊魂がそ

肉体の命というものは、決して終わることのない本物の命の一瞬に過ぎない。 肉体の死はおしまいではなく、より自由な存在へと移行する一段階に過ぎない。我々は皆、先に向こうへ渡った愛する人たちと再び出会えるのだ。 そして愛する人たちとは、別の転生でもめぐり会える

「わたしはあなたの名を偉大にしよう」(創世記12・2)   これは栄光を意味していることは説明を要しないで明白である。 外なる意義では、『名をなすこと』によりまた『栄光』により世的な事柄が意味されているが、しかし内意では、天的な事柄が意味されている。

ロシアの大貴族であり、威厳、栄誉、財産を求め、それらを多く得た男性。 その前世では貧しい学生であったが、名誉と富を渇望し、野心家の学者になり、復讐と憎悪に生きた。 さらに前世では、マルクス・アウレリウス時代の権力者であった。 死後、招霊された彼は、次の

宗教の指導者たちは、随分長い間、隣人愛などの高次の教えを呼び水として、人々を惹き付けてきた。 信徒になり、教会の権力者の叱責を怖れて、「神の御言葉」だとされるものを問いただす勇気のないまま、自称「神の代理人」に導かれてゆくと、少しずつ自分の意志を放棄

本日の夢です。 本日は休暇なので、6時頃に鳴った目覚ましの後、布団でウツラウツラ(半睡眠)している時に夢を見ました。長い夢のようでしたが以下の断片的な印象しか残っていません。 エクセル表で何かを比較・検討していますが、「どうして同じことが繰り返され

↑このページのトップヘ