写真帖

スエデンボルグや道元による真理を写す手帖

写真帖 イメージ画像
お金や名誉では得られない真の幸福である
自由や平安、心の健康や永遠の生命を得る為の
スピリチャルな知識を紹介します

2016年06月

内なる人の中には人間自身のものは何一つ無く、内なる人の中に諸々の善と真理があり、善と真理の種(たね)は外なる人の中に、すなわち、彼の情愛と記憶の中に植え付けられる。 しかし人間はそのことを知っていない。なぜなら、その内なる人の中に主により貯えられた諸善と

いはゆる生死は凡夫の流転なりといへども、大聖の所脱なり。 究尽するに、面面みな生死なるゆゑに恐怖すべきにあらず。 ゆゑいかんとなれば、いまだ生をすてざれども、いますでに死をみる。 いまだ死をすてざれども、いますでに生をみる。 生は死を罣礙(けいげ:さ

私は、振動と周波数が高まり続けるこうした時期が継続する時、それがそうなる為に、必要になる全てが一気に押し寄せることを、皆さんに理解してもらいたいと思います。 倒れようとしているドミノは、倒れることになるでしょう。それは、近づいています。 あらゆる物事は、

皆さんが、あらゆる物事を掌握したいという全ての要求を手放すことが、決定的に重要な意味を持ちます。 何故なら、私達が伝えるように、“もしも、人がその光を受け入れないとすれば、それは皆さんを呑み込むことになる”からです。 皆さんがよりしがみつくほど、それはよ

私達が伝える全ては、“いつでも更に高い存在であれ”、ということです。 更に高いとは、‘他の誰かよりも良い’ことを意味するのではなく、より改善され、より進歩して、未発達な所が更に少ない状態を意味します。 それはより多くの愛と理解、より少ない断定的判断と執着

発菩提心は、あるいは生死(地上)にしてこれを得ることあり、あるいは涅槃(ねはん:天界)にして、これを得ることあり、あるいは生死涅槃の他(ほか)にして、これを得ることあり。 所(ところ)を待(ま)つにあらざれども、発心の所(ところ)に障(さ)へられざるあり

多くの人達が、現在、その魂の計画に従って、惑星から去りつつあります。 彼らが去り往くに際して、彼らの光は、惑星の表面を覆(おお)う生命の綱に繋がったままでそこに強さを加える為に、光の紗(しゃ/薄手の織物)の細糸を後に残します。 彼らは、自らの最後の息をもっ

本日の夢です。 目覚める前に見た夢です。長時間の夢だったと思いますが、以下の記憶しかありません。 地上に白線で描かれた2つの円があります。 私は上空から2つの円中に下降したり上昇したりして、生活様式?を調査・比較しているようです。 2つの円を色々な

本日の夢です。 目覚める前に見た夢です。長時間の夢だったと思いますが、以下の記憶しかありません。 バスが同じような路線をグルグルと巡回しています。 私は上空から巡回バスを見ながら、「どのような路線にすれば良いのか?」と思案しているようです。
『巡回バスの夢』の画像

思い出して下さい。 貴方は、行為者です。 ですから、各瞬間毎(ごと)に要求される行動を取ることによって、今現在を超えて行かなくてはならないのは、貴方なのです。 貴方の中の全てのエネルギーがバランス状態にある時、貴方は新しい気づきの領域に通じるようになり

↑このページのトップヘ