写真帖

スエデンボルグや道元による真理を写す手帖

写真帖 イメージ画像
お金や名誉では得られない真の幸福である
自由や平安、心の健康や永遠の生命を得る為の
スピリチャルな知識を紹介します

2019年09月

我が国の人、いまだ仁智あまねからず、人また迂曲なり。たとひ正直の法を示すとも、甘露かへりて毒となりぬべし。名利におもむき易く、惑執とらけ難し。しかはあれども、如来の正法、本より不思議の大功徳力を備えて、時至ればその刹土に広まる。人まさに正信修行すれば、利
『時至れば受用する般若(真理を把握する知恵)』の画像

スエデンボルグは50代前半(1740~44年)に解剖学と脳に関する大きな著作を幾つか完成させた。もう、この時には解剖学を通じては魂を発見できないと自分でも気づき、心の働きそのものを見極めるより他は無くなっていた。彼が置かれた状況はこうだった。執筆という自らに課し
『受動的な心による受け入れ状態』の画像

全ての霊は無垢と無知の状態で創造されています。そして物的生活における苦闘と辛苦から教訓を得るために物質界へ降誕(転生)するのです。公正なる神は、ある者だけに苦難も努力も必要としないラクな人生を与えるような事はしません。そんな人生では結局は何の価値もありま
『幼く無知な霊の成長』の画像

いかに誠意を込めて信じ、謙虚に信仰を告白しようと、我らは信条にはさしてこだわらぬ。それよりも我らは行為を重要視する。何を信じるか?は問わぬ。何を為せるか?を問う。人間の性格は行為と習性と気質によって形成され、それが霊性を決定づけていく。そうした性格も長き
『怠惰や安逸でなく行為と熱意の宗教』の画像

生前は、まさに善人という言葉にふさわしかった人物からの霊界通信。 私の人生にどれ程、多くの試練があったかは、皆様、ご存知のとおりです。しかし、ありがたい事に、私は決して逆境の中で勇気を失いませんでした。地上での苦しみで、死後の生活の幸福を購(あがな)えれ
『敵を愛する為の貴重な修行の機会』の画像

本日、目覚める直前に見た夢です。講堂での講義(or大きな会議)に出席しています。私は最前列の机の右端に座っています。前方にいる講師(or議長)から何かの質問を受けました。質問内容がよく聞こえませんでした。が、思いついた考えを発言しました。発言しながら、質問に
『良く聞こえない質問へ回答する夢』の画像

第3密度の周期の間に、第2密度を卒業して転生してくるケースが最も多いのが、貴方達がペットと呼ぶ存在達でしょう。動物(ペット)と第3密度の存在(人間)の間に絆が結ばれた場合、それがその動物の個別化を促(うなが)します。そうした環境下に置かれると、そうした個別化
『ペットと人間の絆による進化』の画像

人の正しい役割は、この密度(地上)において望まれた全ての事柄を体験し、それから、それらを分析・理解し、それらの中から愛/光を抽出しながら、そうした体験を受け入れる事です。克服されるべきものは何もありません。不要なもの(願望・欲望など)は剥落していきます。願
『願望を克服せず理解し受容する為の忍耐と経験』の画像

金持ちの青年で、物質的な生活を楽しんだ。頭は良かったのだが、真面目な事柄に全く関心がなかった。よこしまなところはなく、むしろ善人といってよかったので、遊び友達からは愛された。社交界での付き合いに生きたといってよいであろう。ある日、乗っていた馬車が崖から転
『能力も財産も自分の為にだけ使った青年』の画像

親となる事も使命であり、重要この上ない義務でもあります。その義務の遂行は人間が想像するより遥かに大きく将来に重大な影響を及ぼします。神が両親に子を授(さず)けるのは、後見人として、その子がまっとうな人生を送るように指導と監督をさせる為です。子供が、か弱く
『子供を見守り指導する親の義務』の画像

↑このページのトップヘ