写真帖

スエデンボルグや道元による真理を写す手帖

写真帖 イメージ画像
お金や名誉では得られない真の幸福である
自由や平安、心の健康や永遠の生命を得る為の
スピリチャルな知識を紹介します

スエデンボルグ(人間の再生、霊界)

人間は自己愛により地獄へ向く: 人間は、生来、奈落の社会の中におり、その意志の幾多の悪い情愛を広げるのと正確に類似して人間自身をその社会の中へ広げる。意志である悪い情愛は全て自己と世を求める愛から発しており、それは以下の理由のためである。 人間が自分自身
『地獄で悪に抵抗する能力の有無』の画像

善と真理の中にいようと欲している人間が、自分自身の中に悪と誤謬を確認するに比例して、即ち、悪霊達の欲念と誤謬が彼の善と真理の中へ徐々に入り込んでくるに比例して、反抗するのである。欲念と誤謬の中に悪霊の生命があり、善と真理の中に天使達の生命があり、ここから
『善と真理の中にいようと欲している人間の試練』の画像

イエスは弟子達を見回して言われた。「財産のある者が神の国に入るのは、なんと難しい事か」弟子達はこの言葉を聞いて驚いた。イエスは更に言葉を続けられた。「子達よ、神の国に入るのは、なんと難しい事か。金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易し
『永遠の命を受けるための試練』の画像

天使達は、益々内的な者となり、完全な者となるにつれて、益々過去の事を憶えなくなり、そこに彼らの浄福がある。なぜなら各瞬間に主は彼らに楽しいものを、また彼らが考えて心を動かされるものを彼らに与えるからであり、それは主のものであって、彼らのものではない。その
『将来の為に心を痛めてはならない』の画像

悪と誤謬の中にいる者は、絶えず「殺されはしないか」と恐れている。彼らは彼らを守ってくれる者を一人も持たない為、全ての者を恐れている。悪と誤謬の中にいる者は、その隣人を憎悪し、全てが互いを殺そうとしている。他生にいる悪霊の状態は、悪と誤謬の中にいる者が全て
『全ての人を恐れている悪霊』の画像

これらの事を見聞きした者は、このヨハネである。私が見聞きした時、それらの事を示してくれた御使の足元にひれ伏して拝そうとすると、 彼は言った、「そのような事をしてはいけない。私は、貴方や、貴方の兄弟である預言者達や、この書の言葉を守る者達と、同じ僕仲間であ
『為す善に対する感謝を一切拒絶する天使』の画像

宇宙創造の目的は、「用」とは何であるかを明らかに示している。宇宙創造の目的は天界の存在である。そして天使の住む天界が目的である為、人間または人類もその目的である。なぜなら天界は人類から発しているから。この事から、創造された物は全て間接的な目的であり、これ
『宇宙創造の目的である天界の存在と「用」』の画像

最古代教会(アダム)は霊や天使達と交わる事により、また幻と夢により主から直接に啓示を受け、かくして彼らは善で真のものを全般的に知る事ができ、その後、この全般的な指導原理が、認識により無数のもので確認された。この無数のものは、それらが関連する全般的な原理の
『日々確証される全般的な原理』の画像

今日、認識とは何であるか、は知られていない。それは何かが真で善であるか否かに関して、主(神、天界)のみから発している或る内的な感覚であり、最古代教会には非常に良く知られていた。この認識は天使達には完全であって、それにより彼らは真で善いものに気付き、それを
『認識とは真で善いものに気づく内的な感覚』の画像

諸天界における凡ゆる楽しさ、祝福、繁栄、幸福、歓喜は用のための用の情愛(用を求める用に対する情愛)の中にあり、その情愛の質と量に応じており、またその用の性質に応じている。実際、天界は幾多の用の王国であり、もし用以外のものが目的として顧慮されるなら、例えば
『用のための用の情愛の中にある天界の幸福』の画像

↑このページのトップヘ